最強の投資顧問を見つけよう
Find the Best Financial Advisor for You

株オンライン投資顧問は、「どの株を買えば儲かるのか?」をテーマに、個人投資家に低価格で情報提供を行う投資アドバイザーです。 値上がり予想の的中確率が高いとして、高い評価を得ています。 2020年(令和2年)版の投資顧問評判ランキングにおいて、上位の順位に入ることが有力視されています。 サービスの利用料金が月2万と格安。推奨銘柄を選ぶ眼力が優れているとの口コミが聞かれます。株オンラインの推奨株が短期間で急騰することもあり、目が離せません。


「株オンライン投資顧問」の評判と活用術

当ページでは、有力投資アドバイザーとして注目を集める「株オンライン投資顧問」の上手な活用術を紹介します。株オンラインに有料登録すると、「推奨銘柄」の情報を受け取ることができ、これが株取引にたいへん役立ちます。しかし、推薦された株を片っ端からすべて買っていたら、手元の資金が持ちません。自分の資産状況をふまえ、実際に自分が買う銘柄を絞る必要があります。リスクの分散を意識しながら、株オンラインからの情報をうまく利用しましょう。そうすれば、投資の経験が浅い方でも、相場の「勝ち組」になれる可能性が高まります。

相場の動きに翻弄されない

株オンライン投資顧問の魅力は、相場の動きに翻弄されないことです。業界で知る人ぞ知る有宗良治・株オンライン代表が監修する高騰期待株の情報は、相場全体が軟調な局面でも、利益獲得に役立つことが多々あります。

とはいえ、株投資はあくまで自己責任です。株オンラインの配信情報を鵜呑みにするのでなく、買う銘柄や買うタイミングを自分自身で決断しなければなりません。その際には、リスクをいかにヘッジするか、という視点が大事になります。

株式運用成功のカギはリスクにあり

投資をするに当たって最も大切なことは、リスクを理解してコントロールすることでしょう。うまくいったときのリターンの数字ばかりを見ていては、トータルでは負けてしまいます。大切なのは、損失が膨らむリスクを避けることです。

ここでいう“リスク”は投資の世界で使う特殊な用語になります。すなわち「将来損することも得することもありうるが、それがどの程度不確実であるか」を表す考え方です。一般的な意味の「危険」や「損すること」とは意味がやや異なります。

ポートフォリオ

投資リスクをコントロールするうえで、抑えておきたいのが「ポートフォリオ」の概念です。ポートフォリオとは、私たちがふだん持ち歩いている手提げカバンのようなものです。その中には、スマホ、財布、手帳などが入っています。財産を手提げかばんに例えてみると、中身は、預金だけじゃなく、株式も、投資信託も、外貨もあり得るでしょう。さらに、株式の中には、一つの銘柄や一つの業種の株でなく、多様な組み合わせがあり得ます。投資ポートフォリオとは、全部をひとつの財産として考えるということです。

分散投資

ポートフォリオ戦略は、投資対象を一つに集中することを避けるというのが基本になります。株式投資の場合は、一つの銘柄に全資金を投入するのではなく、多くの銘柄に散らしてリスクを減らす。つまり「分散投資」が望ましいとされています。

複数の入れ物に分ける

例え話として、「生卵を運ぶ際は、一つの入れ物に入れておくと割れやすい。複数の入れ物に分散しておけば割れにくくなる」と言われます。これはポートフォリオの重要性を示す言葉です。

ポートフォリオの要諦は「保有する銘柄は、一社に集中させずに分散させる」こと。そして、「銘柄を分散させるときには、できるだけ違う値動きをする組み合わせを心がける」ことです。投資顧問の推奨銘柄を材料に売買する際には、この考えを意識するといいでしょう。

分散投資の例

外需と内需

分散投資の具体的なイメージとしては、たとえば電機を代表とする外需関連株と、銀行・不動産などの内需関連株の組み合わせが挙げられます。性格の違う業種を組み合わせることで、投資収益の安定化を図ることができるのです。

優良大型株と新興銘柄

また、業種以外にもいろいろな組み合わせが考えられます。たとえば、投資資金の半分は高成長が見込める新興市場銘柄に振り分けて、残り半分は安定成長が期待できるトヨタ自動車やキヤノンといった優良大型株に投資する、といった具合です。

電気・ガス

分散投資の代表的な業種は「電気・ガス」です。電気・ガスは生活の必需サービスであるため、景気後退期でも利益水準がさほど変化しません。守りに強いディフェンシブ銘柄群の代表格です。需要が景気動向にあまり左右されないという意味で、食品・薬品などもこれに該当します。

<債券に近い性質>

電気・ガスは、配当利回りで買われることが多いです。また、公益企業であるため値動きが小さいなど、債券に近い性質を持っています。ポートフォリオに組み入れることで、より安全で確実な状況をつくり出すことができます。

急落時の損失カバー

ある銘柄の株価暴落が避けられないときでも、違う値動きをする銘柄を組み合わせていれば、株価急落時にある程度損失をカバーすることができます。複数の銘柄へ投資したときの分散効果を実際に見てポートフォリオを組むことが、より安定した利益を上げるために役立ちます。

結論:株オンラインを活用し、安定投資術を

日本の株式市場で取引されている銘柄は4000以上あります。 これらの銘柄のうち、一体どれを買えば良いのか、見当もつかないという人が多いでしょう。 そのときに役に立つのが、株オンライン投資顧問の情報です。 推奨する銘柄名をズバリ、教えてくれます。 ただ、推奨銘柄のうちどれを買うかは、あくまで投資家である貴殿ご自身に委ねられています。 分散投資の考え方をふまえながら、リスクをできるだけ軽減し、安定利益をつかみましょう。